珍しい交通事故慰謝料の数字も

かなり多くなる傾向を持っている交通事故慰謝料ですが、珍しい金額も出てきます。数万円程度しかない交通事故慰謝料も最近出ていて、あまり事故として大きなものじゃないと思われれば、支払いはそこまで大きくする必要がありません。

安心して支払える金額に抑えられている良さを持っているので、負担が軽減されることも間違いありません。ただ、受け取る側としては、ここまで小さいのかと思ってしまいます。これまでの事例によって決められる範囲なので、大きくなると思っていたら全く足りず、次の車を購入するための費用として使えない場合もあります。

交通事故慰謝料は入通院と後遺症の2種類あります

交通事故慰謝料は入通院慰謝料と後遺症慰謝料の2種類あります。どちらも慰謝料の基準は自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準です。自賠責基準は、入院や通院治療期間の日数によって金額が計算されます。120万円までが限度です。

120万円を超える場合は任意保険基準になります。保険会社が提示してくるのはこの2つです。どちらも納得できる金額には及びません。後遺症が残ってしまった場合に、後遺症慰謝料を得るには診察を受けて等級を確定してもらう必要があります。弁護士基準が最も高い金額を得られますが、弁護士費用が気になるところです。

交通事故慰謝料の相場の違い

交通事故慰謝料には入通院慰謝料と後遺症害慰謝料があります。後遺症害慰謝料は後遺障害が残ってしまった場合に請求できる慰謝料ですが、後遺障害認定を受ける必要があります。MRIの画像や、筋電図の検査結果などが必要です。請求の方法は2通りあります。

事前認定と被害者請求です。どちらも後遺障害の調査は損害保険料率機構がおこないます。後遺障害等級が認定されれば被害者請求であればすぐに支払われます。しかし被害者請求の場合は提出する書類がかなり多くなります。入通院慰謝料の基準も自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準となっていてどちらも同じです。

入院期間を踏まえた交通事故慰謝料

交通事故での怪我の症状で入院していた場合は、期間の長さがもとで慰謝料の金額が変わってしまいます。故慰謝料については、加害者側だけでなく医療機関とのやり取りについても大きく関わってきます。

当然ながら入院の期間が長いほどに、交通事故慰謝料の金額も高くなっていきます。そうでなくても交通事故慰謝料は弁護士基準などで、金額が大きく変わってきますので、慎重な交渉が必要とされます。そのほかにも精神的な部分も慰謝料に含まれますので、さまざまな角度から慰謝料の交渉をおこなっていくようにしましょう。必要があればプロである弁護士に対応を依頼しましょう。

千葉、茨城、東京の交通事故に強い法律事務所、弁護士法人リーガルプラス

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階

津田沼事務所(船橋)
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室

鹿嶋事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1

https://legalplus.jp/

交通事故慰謝料の相談は弁護士法人リーガルプラスへ

交通事故慰謝料相談に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、離婚相談の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

生活を守る債務整理
過払い、司法書士
交通事故慰謝料相談
モラハラ離婚、浮気離婚慰謝料