債務整理の不安

債務整理をすると一体いくらほどお金が必要なのだろうか、本当に手続きをすれば無事に解決する事ができるのだろうか、などという事について不安や疑問に感じているという人はいませんか。

もし、その様に感じているのであれば、具体的に不安や疑問を解決する様にしたいですね。

弁護士に質問したりしなくても、ホームページにアクセスしていろいろ調べる事で、自分一人で不安や疑問を解決できる事もあるかもしれませんね。債務整理というのはややこしい部分もあり、知識がないために不安や疑問が浮かんでくるという事も考えられます。

できる事は、弁護士に頼るだけではなくて、自分でも解決に向けて努力をしたいですね。

考えたい債務整理

借金の問題は放置しておくと更にやっかいなことになります。
時と共に利子の金額が増えますので、返さないといけない金額は大きくなり続けます。

最悪の場合には債務整理を行えば解決できるだろう、というのは少し甘い考えと言えるのではないでしょうか。債務整理は借金のみを解決してくれます。

という事は、それ以外の生活に関する保障はないという事です。時には、財産を失うこともあります。他にもデメリットがあり、失う物も少なくありません。生活するには最低限ある程度のお金は必要になるということもしっかり認識しておきましょう。

ですので、早い段階で弁護士や司法書士に相談することをおすすめいたします。

債務整理などは弁護士に依頼しよう

過去に借金をしていた人で、借金が多すぎて自己破産をしてしまった人もいるかもしれません。それ以外の人で、借金を無事に完済した場合、もしかしたら過払い金が発生しているかもしれません。

自分が該当しているのではないかと思った人は、弁護士に相談した方が良いです。弁護士は、過去にどのくらいの過払い金があるのかを無料で計算をしてくれます。ただし、どんな場合でも、必ず戻ってくるとは限りません。例えば、借りていた業者が倒産していて、もう存在していない場合です。これだと、請求することができないので、仕方ありません。

借金の債務整理は弁護士に依頼しましょう

借金が返済できなくなって、任意整理や自己破産などの債務整理を行う場合は、弁護士と司法書士、どちらに依頼するのがいいでしょうか。この場合、費用などはそう違いはありませんが、1つ決定的に異なる点があります。それは、司法書士の場合は、借金が140万円までに限られるということです。それ以上の金額になると、司法書士では代理業務ができないからです。

もちろん少額の場合は司法書士でもいいのですが、140万円以上の場合は弁護士に依頼しなければならなくなります。ですから、どちらにすべきか迷う場合は、最初から弁護士に依頼して、手続きを進めるようにするといいでしょう。

弁護士に債務整理の手続きは依頼しよう

債務整理の手続きは弁護士に依頼しましょう。その理由は、個人では交渉を持ち掛けても、債権者は応じないからです。そもそも債務者は、債権者に対して借りたお金を返すのが当たり前です。それなのにまけてくれといったところで相手にされないのです。

その点、弁護士が入れば、もう返済が本当に困難になっている状況だと理解されますし、相手がきちんとした専門家を雇ったということは、今度は約束を守って返済してくれるだろうという推測をしてもらうことができます。そのため、債務整理の手続きが幕行く可能性が高くなります。そのため、考えている人は利用してください。

債務整理を弁護士に依頼しない特定調停とは

債務整理をする場合、通常は弁護士または司法書士に依頼して手続きを進めてもらいます。任意整理や自己破産などがこれに当たります。この場合の費用は、大体20万円から30万円くらいです。もし所得が少ないけれど、債務整理を行いたい場合は、民事法律扶助という支援方法が適用されます。

一方で弁護士や司法書士に依頼せずに、自分で裁判所に申立てを行い、手続きを進める方法があります。これを特定調停といい、調停委員を通じて金融機関と交渉を行い、返済額を決めて借金を返済します。費用がかからないのが最大のメリットですが、弁護士や司法書士の受任通知が送られないため、手続き中でも取立ての電話がかかりますし、定期的に裁判所に行く必要があります。

債務整理に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、離婚相談の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

生活を守る債務整理
過払い、司法書士
交通事故慰謝料相談
モラハラ離婚、浮気離婚慰謝料