出資法が関連する過払い請求

出資法という法律は貸し付けを行う時の規定を定めた法律なのですが、この法律では上限を年29.2%と定めています。そして、この上限を超えて貸し付けた場合には罰則が適用されると定められています。ですから、この上限を超えた金利で貸し付けが行われることは少なかったのです。

しかしながら利息制限法という法律では、それよりも低い金利で上限が定められていますが、罰則は規定されていませんでした。そのために利息制限法の上限金利を超えた金利で貸し付けが行われたのです。債務整理で過払い請求が行われるのは、この利息制限法の上限を超えた利息に対してです。超えた分は債務整理の過払い請求で取り戻すことが可能なのです。

過払い金とクレジットについて

クレジットの借金の返済方法をきちんと理解したい場合には、過払い金の対応が優れている法律事務所のパンフレットや公式サイトなどをチェックすることが良いでしょう。 特に、最新の過払い請求の方法について、各方面の経済情報誌や経済新聞などで取り上げられることがあるため、短期間のうちに必要な知識を身に着けることが大事です。

過払い金のサポートが充実している法律事務所の選び方について迷っていることがある場合には、早い時期に依頼者の口コミを参考にすることで、短期間のうちに便利な情報をキャッチすることが可能となります。

司法書士は過払い、債務整理にどこまで対応してくれる?

債務整理の中でも特に過払い請求に特化して活動している司法書士は多くいます。特化している場合はどの金融業者にはどういうふうにアプローチすればよいかのノウハウをひと通り持っていることが多く、困っている債務者が依頼するには安心で、きっちり対応してくれます。

但し問題になるのは請求する額です。弁護士の場合ですと金額に上限はありませんが、それに対して請求額が140万円以下の場合のみと決められていまして、これは最近の裁判所の判例でも確認されています。

もし過払い請求額がこの額を超える場合は弁護士のように裁判で代理もできませんので、その時は本人訴訟をすることになります。よって請求額が140万円より少額のケースの場合に、たくさんの過払い請求を経験している司法書士に依頼するのが得策となります。

夜間も過払い請求の対応をしている弁護士について

過払い請求とは、法律で定める以上の利率で利息を支払ってきた方が、消費者金融等に払いすぎたお金を返してもらうように請求することです。 一般的に、個人の方が請求してもそれを支払ってもらうことは難しいのですが、弁護士に依頼をされると、消費者金融等はすぐさまその請求に応じます。

長い間、消費者金融への返済で頭を悩ませていたみなさんは、その過払い請求をすることによって、返済をしなくて良くなるどころか、過払いしたお金を返してもらえることがあります。

今現在も法定利率以上なのに返済している方、今は法定利率以内の取引でも長く借入や返済を繰り返している方なども、過払いしている可能性がありますので、一度ご相談をしてみることをお勧めします。 大阪や千葉の方でもお気軽にご相談ください。 また、夜間も対応しておりますので、お勤めの方もお気軽にご相談ください。

過払い請求を弁護士に依頼するとかかるお金

実際に過払い請求を弁護士に依頼すると総額でどれくらいかかってくるのでしょうか?例えばもしあなたが2社へ過払い請求をしたとします。その際にはまず着手金というものが1社につき2万円かかります。

(4万円)2社からそれぞれ20万ずつ返済されてきたとすると、仮に報奨金が成功報酬の20パーセントだったとすると8万円が報酬金にあたります。これ以上費用がかからなければ弁護士に支払う金額は4万円+8万円の12万円になります。また交通費や交渉に必要になった経費が発生した場合にはこの基本の金額にどんどんプラスされていると考えておけばいいでしょう。

弁護士への依頼で有利な過払い請求

弁護士への過払い請求相談は、個人で行うよりも遥かに速やかな対応策として活用することができます。借金を長く返済してきた方の場合、利息などが支払い過ぎた金額として計算でき、請求の手続きを行う事でお金を取り戻す事も可能です。

自分の返済内容に過払いが発生しているのか知りたい時、また過払い金の請求をどのように行えば良いか分からない時などに、法律に基づいた対処が行われます。請求先である金融業者に対しても通知が出され、直接的な督促や連絡が来ることも無くなるため、日常におけるストレスを抱えず対処することができるでしょう。

過払い、司法書士に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、離婚相談の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

生活を守る債務整理
過払い、司法書士
交通事故慰謝料相談
モラハラ離婚、浮気離婚慰謝料