一人の司法書士が担当

法律相談のために司法書士事務所に行くと、会社の中の誰かが対応してくれる事になります。そこで、その対応してくれる人がどんな人なのかという事が大事になってきます。

法律の資格を持たないスタッフが対応する事もあります。しかし、実際の法律相談においては、実際に案件を担当してくれる司法書士と直接話がしたいですね。

実際に話をすると、話の内容をすべて把握していますが、別の人が担当するのであれば、話の内容をかいつまんで部分的にしか伝わっていない事もあります。そして、相談に来た人は、法律のプロの意見を聞きたいと思ってやってくる事もあります。

分からない場合には資格がある人なのかどうか尋ねるといいでしょう。

司法書士の仕事と得られる収入

できるだけ収入が高い職業に就きたいと考える人は多い様です。しかし、時代は変化し、高収入が得られると言われていた職業に就いたとしても、思っていた様な収入が得られない事もある様です。

例えば、司法書士や弁護士などでもその様な事が起きている様です。

司法書士や弁護士になるのは非常に狭き門を通る事ができた人だけで、非常に難解な試験にパスしないといけません。しかし、仕事に就き経験を重ねる事で、スキルなども更に磨かれると考えられます。

ずっとその様な状態が続くのではなく、スキルアップする事によって更にキャリアアップする事もできるかもしれませんね。

また、収入以外にも仕事をする喜びが見つけられればいいですね。

働き方を自由に選択できる司法書士

実務経験に関係なく独立する事もできる司法書士はいろんな働き方を自分で選択する事ができます。

まず司法書士事務所で働く事ができます。更に会社の法務部と呼ばれる所で仕事をする事もできます。他にも一人で活動する事もできます。

そして自分で司法書士事務所を開業し従業員を雇う事もできます。

経験がない時にいきなり独立したり起業したりする事に対してハードルが高いと感じているのであれば、最初に会社に就職するなどして勤務経験を積んで、実務に関するいろんな事を学ぶという方法もあります。

そして、自信がついてから独立や起業を目指すという人も多い様です。状況に応じてふさわしい働き方を選択しましょう。

司法書士と弁護士について

法律に関係する業務を扱う職業は、弁護士が有名かもしれませんが、他にも司法書士もその様な仕事を行っています。

しかし、弁護士の方が仕事の幅が広い事が多く法律に関する事ならどんな事でも扱えるみたいです。

また、一方の司法書士には、制限が設けられています。その制限とは金額に関するものである一定の金額を超えた案件は扱う事ができません。

法律に関して、仕事を依頼したい時に弁護士と司法書士のどちらにお願いしようか迷う事もあるかもしれません。

企業など大きな団体が依頼する内容は金額も大きい事が多いようですが、個人からの依頼の多くは司法書士でも扱える金額の案件である場合も多い様です。

資格の学校には司法書士試験対策の講座がある

司法書士になるには国家試験に合格して資格を取得しなければなりませんが、この試験はとても難しいので一人で勉強していてはなかなか受からないのが実情です。 そのため資格の学校に通って勉強をしている人が沢山いますが、今では沢山の講座があるのでその中から苦手としている科目を選んでその部分だけ学校で習うと言うこともできます。

このように司法書士になるには国家試験に合格しなければならないので大変なことが沢山ありますが、この仕事はとても遣り甲斐があるので司法書士の資格を取得するために頑張って勉強している人が大勢います。

司法書士に債務整理を依頼するときの注意点

債務整理は司法書士でも行ってくれますが、注意点があります。まずは借金の額が140万円を超えないということです。「1社あたり140万円まで」、「借金の総合計が140万円まで」と司法書士と弁護士のそれぞれの団体で見解の違いがありますが、140万円を超えた借金の債務整理は弁護士しか行うことができません。

また、個人再生や自己破産の場合、司法書士は書類を作成することはできますが代理人とはなれませんので、裁判所内での手続きや裁判の際には債務者本人が裁判所に出向かなければいけません。これらの注意点をしっかり理解してから依頼を行うようにしましょう。

司法書士試験は答練で実力アップ

法律系の資格の中でも非常に難易度が高く、合格率もかなり低い司法書士試験を受験する人は、独学で勉強を進めていくよりも、予備校などを活用したほうが、効率的に勉強をすることができるでしょう。

特に答練などには積極的に参加し、試験問題に慣れておくことが必要になります。 司法書士に合格することができれば、独立して仕事をすることができるので、将来的にもかなり安泰となるでしょう。 しかし、試験に合格するためには、いろいろな予備校が主催している講座を受け、答練なども出来るだけ積極的に参加しておいたほうが実力を身に付けるためには良いでしょう。

司法書士の資格について

司法書士とは法律関係の書類を一括して、法律に基づいて作成・アドバイスを行う職業です。身近なものといえば車購入時の車庫証明から始まり、不動産登記等も行ってくれます。また、法律に精通していることから法律相談にも乗ってくれます。

つまり、弁護士よりもより身近な法律家と考えてよいです。大阪で資格をとるためには数多くの専門学校が存在します。専門学校に行かなくても、現在では通信教育によって学ぶこともできます。最終的に「司法書士試験」を取ることが必須なのですが、この試験の受験資格は決まっておらず、誰でも受験が可能となっています。

通信で取得する司法書士

司法書士とは、日常生活で起こる様々な問題を、法律を元に解決をしたり、市民の権利を保護などができる資格です。暮らしの法律家としてこれからさらに需要度は高まる職業でもあるのです。困っている人の助けをしたい、悩みを解決してあげたいという思いをこの資格で実現することができるのです。

高い専門性が求められることから、性別は問わず活躍することが可能です。大阪での独立開業や、子育てとの両立をするうえで大きな強みになること間違いありません。長い目で見ても安定して働けることから、子育て中の女性にとっても魅力的な職業ではないのでしょうか。

大阪で司法書士になるには

司法書士をめざすために、まず国家試験に合格しなければならないことが挙げられます。受験資格は特に制限がなく、誰でも受験することができます。独学で試験対策をすることはかなり難しいので、実際は専門学校などに行く人が大半です。

専門学校は東京や大阪、名古屋など各都市に様々なものがあります。通学制のものもありますし、通信制のものもあります。かなり合格率が低く、難しい試験となっています。また、試験に合格しただけでは活動をすることができず、全国にある司法書士会に登録しなければなりません。その会も東京、大阪、名古屋等各都市にあります。

司法書士として仕事をするのに必要なこと。

司法書士とは主に司法に関する書類作成、そして、司法に関する相談業務を行う司法のスペシャリストです。行政書士と混同されますが、行政書士は行政に関する書類を扱います。仕事をするにあたり当然のことですが資格を取る必要があります。

中学卒業で受験資格が得られます。そういう意味では珍しくハードルが低い国家資格です。合格したら事務所に所属して事務所がある場所の司法書士会に入会しなければなりません。例えば大阪で仕事する場合、大阪の事務所に所属し、書士会に入会しなければなりません。最初は弁護士事務所等に雇ってもらうのが普通です。

会社設立時登記のことなら司法書士にお任せください。

大阪で会社設立を考えている場合は、設立時の法人登記作成に司法書士の資格を持った人が代行してくれます。また会社での重要事項の変更のたびに登記に反映させなければならないので、その手続きの代行もしてくれます。

さらに研修を修了した認定司法書士なら、簡易裁判所での140万以下の事件についてであれば、弁護士と同内容の業務を行えます。依頼者の代理として弁護士と同様に、相手との話し合いや裁判を起こす手続きや調停をすることもできます。独占的な業務から、弁護士の行う業務と重なっている部分もありますので詳しくは相談してみてください。

過払い、司法書士に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、離婚相談の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

生活を守る債務整理
過払い、司法書士
交通事故慰謝料相談
モラハラ離婚、浮気離婚慰謝料